2010年09月20日

アイマス2・もう一回

アイドルマスターという作品は「アイドルとプロデューサーの物語」ですが、ただその弊害として、現行のアイドルマスターのシステムでは、自分がプロデュースしていないアイドルって完全に空気になっちゃうんですね。
会話の端々に「みんなも頑張ってるんだなあ」くらいのことは出てきますが、その程度にしか出てきません。

「765プロ」という存在をもっと前面に出したいという想いはおそらくかなり前からあったのだと思います。
アイマスSPのストーリーは、「アイドルとプロデューサーの物語」と同時に「765プロ vs 961プロ」という事務所間対決の構図が含まれていました。
その構図をプレイヤーに意識させることには成功してはいましたが、それは周辺のプロモーションも含めての話であり、ゲーム本編ではそれが機能していなかった面はあったかと思います。
961プロ側のアイドルは意識的に他のアイドルとは絡まないという設定でしたし、765プロ側も、前述のように他のアイドルとの接点が非常に薄いため「765プロのアイドル vs 961プロのアイドル」という構図にはなり得ても、「765プロ vs 961プロ」という事務所間対決にはなり得なかったのだと思われます。
その辺のギャップが多くの二次創作作品を生み出す原動力になり、作品をさらに盛り上げるきっかけになったわけで、結果的にはプラスに働くことになりました。
その一方で、現行の「アイドルとプロデューサーの物語」というシステムのままでは「事務所間対決」という構図を打ち出すのは難しいということを示すことにもなったのでしょう。
そこで「アイドルとプロデューサーの物語」から「765プロの物語」という方向に明確に路線を転換する。「2」のコンセプトというのはそこにあるのでしょう。

まぁ、これは私の邪推ではありますけれどね。
ただ、PV1で歌っていないアイドルの存在があって、でも続いて出たPV2ではみんなと一緒にステージに上がっていて、「???」となってしまっていた私の思いはスッキリとしたんですよ。
なので、今の私はアイマス2が出ることを楽しみにしています。
そりゃね、伊織がプロデュースできないのはとても残念ですよ。
でも、それ以上に「新しいアイマスを見てみたい」という思いの方が今は強いんです。
posted by 長月ゆももR at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。